• by FHF manager

ワクチン接種






躊躇していたコロナワクチン、1回目接種してきました。




今まで渋っていた理由として、



・身近に副反応が強く出た人が多かった。


・大病も出産以外の入院も経験がなく、かかりつけ医とも縁がない健康体に異物を注入するという違和感。


・効果の程も未知で、データもまだまだ不十分。そんなふわふわしたものに身を任せていいものかという不安。



です。






接種を決意した理由として、



・年齢的に自己免疫力に自信がなく、コロナに罹患した場合に軽症で済むか不安。


・周りに接種者が増えてきて、なんとなく肩身が狭くなってきた。(あ〜日本人だな〜。)


・コロナウィルスを家族に移したくない。


・人と関わる仕事をする者としての責任。



です。







実は接種日2日前に三角筋を使うヨガポーズを普段より多めに入れたことで、肩に筋肉痛が残っていました。

接種会場で診察していただいた先生にその旨を話したところ、「接種したら今の筋肉痛が少し増す感じですね。」と笑顔で言われました。



さあ本番!



何十年ぶりの筋肉注射に緊張していましたが、針を刺す時の痛みもびっくりするほどありませんでした。

心の中では「もう終わりですか?」。





当日は発熱もせず、腫れたりもしなかったのですが、接種後12時間後(深夜)に肩が疼いて目が覚めてしましました。

翌日は注意書き通り激しい運動をせず日常生活を送りましたが、痛みと強張りで腕が上げにくかったです。




それだけ。




診察のときに言われた「筋肉痛が増した」ような痛み。





カロナールを準備したり翌日の仕事の調整をするなど、巷で言われている前準備をしっかりしていたため、「肩の痛みぐらい全然楽勝じゃん!」と思うことができたのかもしれません。


ほっとひと安心。


副反応がひどかったり、お亡くなりになった方もいらっしゃる中で、幸いにも無事に1回目を済ませられました。





私は集団接種会場に行ったのですが、スタッフの方、医療関係者の方のスムーズな誘導、不安を払拭してくれる親切で感じの良い応対、すばらしかったです。

これも日本の公共事業になるんですかね?スバラシイ!





さあ、次は問題の2回目接種です。

「そりゃ1回目よりかは副反応強いよ。」という予備知識と覚悟があるので大丈夫でしょう。

これが毎年となると面倒くさいですけどね。

さあ今日もまずは自分でできる感染予防から。




最新記事

すべて表示